La Patata Dolce



<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


福岡 インターナショナルホステル カオサン福岡 アネックス

以前、ふつーの方に泊まりましたが、今回はアネックスに泊まります。
距離的にはおなじくらいですが、こちらの方が日本人旅行客が多いイメージ。
(時期的な偶然かもしれないですが・・・)
今回はドミトリーに泊まりました。

インターナショナルホステル カオサン福岡 アネックス
http://www.khaosan-fukuoka.com/ja/

1. アクセス良好
おそらうふつーの方よりもアクセスはよいかと思います。
道もわかりやすい。

2.閑静?
道路に面していますが、人の通りはアネックスの方が少ないイメージ。

3. ドミトリーは少し暑い
ドミトリー内は空調がないので、少し暑いです。

4. シャワーはきれい、トイレはウォッシュレット
水回りは申し分なしです。

5. Wifi早い
なによりもWifiが早いのはいいですね。
e0030353_0591683.jpg

[PR]
by smile-and-happy | 2014-05-31 00:58 | 日常

若手女性活動家が語る​、アメリカ流・変革(チェンジ)のつくり方

アメリカンセンターで開催されたイベントに参加してきた。以下はそのメモと感想です。メモは必ずしもすべて聞き取れていない場合や理解が不十分場合もありますのでご了承ください。

【ゲスト】

Emily Tisch Sussmanさん
スキッドモア大学卒業後、ベンジャミン・N・カドーゾ法科大学院(ニューヨーク)で憲法と婚姻法を専攻。大学院在学中に若者と政治をつなぐ団体Think Blueを設立。その後、非営利団体サービスメンバー・リーガル・ディフェンス・ネットワークの政府関係担当共同ディレクターを経て、民主党青年組織ヤング・デモクラッツ・オブ・アメリカ事務局長に就任。現在はセンター・フォー・アメリカン・プログレス・アクション・ファンドでキャンペーン・ディレクターとして政策を立法につなげるためのキャンペーン活動を統括し、テレビ出演も多数。 ニューヨーク州弁護士会所属。
Twitter: @EmTSuss

【モデレーター】
鎌田華乃子さん
NPOコミュニティ・オーガナイジング・ジャパン代表

【内容】
パーソナルストーリーから話を始める。その上で、一つの人生の道のりだったことを伝える。

キャンペーンの説明
行っていることは政策提言ではなく、政策実現のために必要なステップやプロセスを学ぶ。
社会との出会い
子どものころから元気で、やる気に満ち溢れていた。でもどうがったら世界を変えられるのかわからなかった。大学を卒業した時、2004年の大統領選挙があった。ブッシュ候補に反対という立場は分かっていたので、ケリー陣営を支えた。
選挙が終わったらケリー陣営は負けたので仕事をなくし、ロースクールへ通った。法律を通じて社会を変えたいと思った。でも実際は、しっくり来なかった。一番いいと思ったのは、法律を作ること、そして、困っている人を支えている。

アメリカの若者と選挙
アメリカにおいても、若者は選挙に関わりたいと思う人は少ない。選挙を通じて自分たちの思いを体現できる人を議員にしたいとグループを作った。
その後、オバマ候補の選挙サポートし、選挙に勝てた。そして、同性愛者を軍人にできないという法律を辞めさせるための活動を始めた。ロビーを行ったり、当事者のLGBTとの対話を行ったり、若者の巻き込みを行った。より多くの人々を巻き込むためにレディ・ガガの協力を得て、アクションを行っているツアーバスに同乗し、メディアの取材も多く受けた。

社会を動かすで飯を食う
民主党の青年組織に参加した。グループにおける活動はいくつかの分類があり、青年組織のよう組織に属すること、あるいは、アイディアベースで活動すること、最後にイシューに対するアドボカシーをすること。

3つの活動
現在は、ユースに関する仕事をしている。
アイディア:問題をまず特定する。政策としての解決策を特定する。実現のためにパワーを持つ人々に働きかける。
ボイス:若い人々にメッセージを届けやすいカタチで発信する。ブログなど見てもらいやすい方式、そして内容とする。フラッシュモブを用いたアクション動画の説明。
アクション:全国的な企画を行ったり、働きかけを行う。

活動の広げ方
アメリカにおいても、小中学校においては親の許可が必要なので、シティズンシップ教育は高校から行っている。例えば、18歳の誕生日と共に選挙権獲得を祝う。Generation Progressはキャンパスから活動を開始し、その後、大学に通っていない若者も巻き込むための活動をする。

オフラインの行動をすることの重要性
オンラインの活動は知ってもらうためにはよいが、エンゲイジメントとしては弱い。

仲間を得るために
ストーリーを話すことが大切。特に共感を生むことができる話であることが重要。

きっかけ
よる多くの人の人生を変えたいと思っていて、この仕事を選んだ。

役割とアクティビズム
コミュニティで活動する上で自分の役割を知ることは重要。



【質疑応答】
キャンペーンのあり方や戦略についての話はあったが文化的な背景などの話がもう少し欲しかった。音楽を始め、政治的な事柄を公然と発信する機会やロールモデルがある。アメリカにおけるこうした環境の効果は若者の社会参画に効果はあるか?
→何でかんでも、セレブやアーティストに言わせれば言い訳ではない。そのアーティストが自分の言葉で話せることが重要。

リーダーとしての資質とは?
→よきリスナーとなること。周りの人たちが本当に求めているものは何か?もつこと。そして、リーダーは信頼を獲得し、選ばれなければならない。そして、ネガティブなことに落ち込まないこと。

日本では社会の問題が消され、表面化しても個人の責任と言われがち。米国ではどうか?
→米国でもそういったことはある。自分の責任だと思われがち。

でも、あなたのプレゼンテーションにも触れていたとおり、社会の問題を不正義だと感じている人もいますよね。
→確かにそれはあるが、米国でも不正義という考え方には複雑なポジションがある。

【感想】
参加者の質問を聞いていると、アメリカでの事例をそのまま日本に活かせられると考えがちな質問が多かった。
全体的に質疑応答に多くの時間をさいていて、対話を重視していた。多くの質問が出されて、学びの効果が高かったように思う。
アメリカの社会のみを見てきた彼女には私の質問もアメリカ視点で認識されてしまい、社会を巻き込むことが困難というメッセージのこちらの意図が十分に伝わっていないように感じた。細分化し、成功事例の認識共有の有無、市民社会などがロールモデルを示しているか、資金基盤となる環境が整っているか、人々が社会を変えることに対し肯定的な認識か否か、など具体的な言葉で説明しないと十分にはわかってもらえない気がした。
その一方で、既に日本で成功していることと同じロジックも複数あり、
自分の活動の妥当性を確認(?)する機会にもなった。
このシリーズのゲストは民主党政権ということもあって、民主党系の若手論客が多い。
彼女の講演はアメリカ流というよりも一般的な「キャンペーン」手法の説明だった。日本人参加者にとって新鮮だと感じられたのであれば、それは諸外国で当たり前の「おカネがなくてもできる社会変革」が日本にはないことの証明であるように感じた。

【参考】
エミリーの寄稿文"How to become an activist"
[PR]
by smile-and-happy | 2014-05-13 00:48 | 記録


スズキのブログ(日本語)だよ。個人のブログです。英語版はリンクからたどってくださいね。

by smile-and-happy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Blog tools
カテゴリ
最新のコメント
そうですね。私もかつては..
by smile-and-happy at 17:17
>助け合う農耕村社会..
by みやた at 10:33
>私は、基本的には中道左..
by みやた at 10:33
>社会問題とは何か、そし..
by みやた at 10:28
よういちさん、ありがとう..
by ふくしま at 01:45
>わださん もともとの..
by smile-and-happy at 15:59
・日数もしくは人数が増え..
by わだ at 02:29
みやたさんのおかげで、安..
by smile-and-happy at 23:32
たまたま見たらでしたが、..
by みやた at 21:16
わせけんはみな元気に溢れ..
by smile-and-happy at 02:37
LINK♪
その他ブログなど
英語版ブログです。
Making the value in my own way

歌詞とかかつて書いてました。
My Heart, My Love

GREEなつかしい。
GREE

mixiですね。
mixi

(笑)
だってもぎがすきだもの♪
もぎこく的一言を綴ってます

その他リンク
学生時代に理事やってました。
Youth, Development & Peace Japan Network

会員やってますエコリーグ
Eco League

自分、カフェ(的空間)やってます。
Cafe de Global Cooperation

私が運営してる模擬国連のウェブサイト
model United Nations

□もぎこっかー
Alisa's Blog

Riona's Blog
Masataka's Blog
Taro's Blog
Miyata-san's Blog
Keisuke's Blog
Kyoju's Blog
Yukimin's Blog
細田さん♪のブログ
kyame's Blog
Rokky's Blog
Naoko's Blog
Kou-san's Blog
Nami-chan's Blog
Womatsu=san's Blog
Yoshi-san's Blog
Mari's Blog
Iwamocchi's Blog
Tossy's Blog
honorine's Blog

あーちすと
My Sister's Blog

にゅーす
Al Jazeera

UN Documents

Tokyo Foundation


記事ランキング