La Patata Dolce



カテゴリ:お知らせ( 342 )


国際協力・社会変革に関するブログはじめました

2005年の大学入学から続けてきたこのブログですが、フリーランスでも活動をするにあたって、国際協力や社会変革関係の記事については、ブログをわけることにしました。

以下のブログで今後は発信します。
http://bellshift.blog.jp/

このブログは、とりとめのないことを引き続き書いていこうと思います。
投稿頻度は、落ちるかもしれないですが、こちらもよろしくお願いします。
[PR]
by smile-and-happy | 2015-12-14 14:43 | お知らせ

演劇

【参加者募集】12/8(日)JSISHワークショップ:「演劇」でIPWを学ぶ!第3弾

 さまざまな医療の現場で、多様な専門職(医師,看護師、薬剤師、ソーシャル
ワーカーなど)が互いの能力を引き出すよう協調・連携してチーム医療にあたる
多職種連携実践(IPW: inter-professional work)が注目されています。
 今回、私たちは「演劇」の手法を用いて、多職種連携について楽しく学ぶワー
クショップの第3弾を開催します。多職種連携が必要となるワンシーンの演劇を
見た後に、グループワークを行い、自施設での失敗例等をもとにして、グループ
ごとに多職種連携ドラマを作り演じてもらいます。最後に優勝チームを決定し表
彰いたします。

 本ワークショップに参加することで以下のような学習目標を達成できます。
1) IPWの阻害要因を理解する
2) IPWを成功させるための要因を理解する
3) 自分の組織でIPWの障害となっている要因を挙げることができる
4) 疑似体験(演劇)を通して、IPWの重要性を理解する
 医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、その他幅広い多職種の方の参加
をお待ちしています。

*本ワークショップは、IPWに関する教育プログラム開発研究を兼ねておりま
す。ワークショップにて記入していただく調査票などを今後のプログラム改善に
役立たせて頂きます(説明同意書は当日配布します)。
本研究は日本プライマリ・ケア連合学会倫理委員会の承認を得ております(H24-
第4号)。

■参加申込み:
http://kokucheese.com/event/index/126329/
定員:20名(先着順)

■開催概要:
日時:2013年12月8日(日) 10:00~15:00(途中1時間のランチ休憩あり)
場所:東京大学医学図書館3階 M1室(左奥の部屋)
 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_01_j.html
対象:医療専門職(医師、看護師、薬剤師、その他)
 *自分の組織でIPW改善のための手法を導入したいという方も歓迎いたします。
参加費:1,000円
ファシリテーター:
 孫 大輔(東京大学大学院医学系研究科 医学教育国際研究センター)
 浅香 えみ子(獨協医科大学越谷病院)
 内海 美保(神戸学院大学薬学部)
 川村 和美(シップヘルスケアファーマシー東日本)
 鈴木 佳奈子(4UrSMILE/家庭支援協会)
 坪田 康佑(一般社団法人医療振興会)
 中島 美津子(南東北グループ人財開発部)
 根岸 哲史(医療法人社団一心会)
アドバイザー:池上 敬一(JSISH理事長、獨協医科大学越谷病院)
主催:JSISH(日本医療教授システム学会)多職種連携プロジェクトチーム
  http://www.asas.or.jp/jsish/

問合せ: sondtky@gmail.com(担当:孫)
[PR]
by smile-and-happy | 2013-11-07 09:05 | お知らせ

CHANGE Initiative 2014

世界を変えるそうした思いを持った人は日本だけではありません。



「世界の貧困を解決したい!」

世界の貧困を解決する国際協力リーダーシップ・プログラム、CHANGE Initiativeの2014年度募集の締切が迫っています。世界の貧困を解決したいという思いのある方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

◎CHANGE Initiativeのもつ3つのポイント
・日本のほか、アメリカやカナダなどでもCHANGE Initiativeを実施されており、既に多くの若者が活動し、実際に変化をつくっています。

・主催団体のオックスファムは世界94カ国で活動し、長期開発支援や緊急人道支援から、国際会議や先進国での政策提言・キャンペーンまで扱う団体であり、世界の最新の動向を常に把握することができます。

・CHANGE Initiativeでは、キャンペーン活動に参加することによって、「寄付」や「海外ボランティア」だけでなく、日本から行える、日本にいるからこそできるアクションを通じて世界の貧困と不公正の克服を目指します。

<広報文>
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
キャンパスから世界を変える国際協力リーダーシップ・プログラム
CHANGE Initiative 2014
(募集締切 2013年11月9日)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

CHANGE Initiativeは、学生を対象として、キャンパスから世界を変える
国際協力リーダーシップ・プログラムです。
世界90カ国以上で活動するオックスファムとともに問題を構造的に捉え、
そのうえで、貧困のない社会を目指してソーシャル・チェンジを目指します。
日本のほかにも、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどでも開
催されている国際的なプログラムです。

参加者は3月に行うトレーニングイベントにて、構造理解、問題意識の深
化、スキルトレーニングを受け、キャンパスで活動する際に必要なことを身
につけ、4月からの1年間、オックスファムのサポートを受け、そして、仲間
と協力しながら、キャンパスから世界を変えます。

また、前年度、前々年度の参加者も駆けつけ、成功事例やスキルを共有し
ます。

貧困のないより公正な社会の実現を目指して、一緒に活動をしませんか?

【概要】
■活動期間: 2014年3月-2015年3月*留学などの際はご相談ください。
■定員: 50名(選考有り)
■参加対象:
(a) オックスファムの活動と理念に賛同している人。
(b) 専門学校、大学、大学院などに在籍する学生。(大学1年生優先)
(c) トレーニングイベントに全日程参加ができ、研修後も最低1年間、キャンパ
  スや地域から、オックスファムのGROWキャンペーンをはじめとしたオックス
  ファムのキャンペーンを企画及び実施することができる人。
■参加費: 22,000円

▼トレーニングイベント
■日時: 2014年3月11日(火)-3月15日(土)
 *4泊5日の合宿形式で実施します。
■会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター
     東京都渋谷区代々木神園町3番1号
■アクセス: 小田急「参宮橋」駅から徒歩約6分、東京メトロ千代田線、「代々木
        公園」駅C02出口 徒歩10分
       (http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html)

【募集スケジュール】
■募集締切: 2013年11月9日(土)
■書類選考結果発表: 2013年3月12日(火)
*書類選考の後、電話/Skypeでのインタビューによる最終選考が行われます。

【お申込】
申込み用紙(http://oxf.am/Uv6)に記入の上、オックスファム・ジャパンまでメールにて
(youth@oxfam.jp)お申込ください。その際に件名を「CHANGE Initiative 2013」とし
てください。

■主催: 特定非営利活動法人 オックスファム・ジャパン

CHANGE Initiativeについて、詳しくは以下をごらんください。
http://oxf.am/oqX
<ここまで>

e0030353_15551294.jpg

[PR]
by smile-and-happy | 2013-11-06 15:55 | お知らせ

国際協力-対話の力-

アメリカ人のアクティビスト、リザ・シャノンがかつて、こういう話をしていた。
「社会的な活動を使用とする際に、周囲の家族や友人、世間からネガティブな反応をされることもあるだろう。でも、そういう場合、自分がコントロールできるものについて振返る必要がある。周囲の家族や友人、世間の考えやあり方を変えることはすぐにはできない。自分がコントロールできるもの、それは、自分の価値観と考えです。」

私もこの考えに賛同します。
そして、問題意識や自分の考えを深く持つ上で、そうしたことをしっかりと考えることも重要だと思います。
ただ、日本では、表面的な議論が多く、問題意識や価値観に関する対話が少ないこともあります。
しっかりと、自分自身の位置づけを考え、話し合える環境って大事ですよね。

さて、11月9日(土)にオックスファムが国際協力語り場を開催します。

「なぜ活動を行うのか」「なぜ国際協力なのか」を問い直す機会は少ないのではないかと思いますので、こうした機会を利用して、国際協力に対する思いや価値観を再確認するのもよいでしょう。

https://www.facebook.com/events/424759554292806/
e0030353_12523790.jpg

[PR]
by smile-and-happy | 2013-11-06 15:51 | お知らせ

ユースが社会を変える-オバマを動かした若者の活動-

2009年12月、デンマークの首都、コペンハーゲンで開催されたUNFCCC(国連気候変動枠組条約)のCOP15(第15回締約国会合)が閉幕した。
アメリカを中心とする一部の国の密室会議によって作成された「コペンハーゲン合意」に対して、本当の合意ではなく、多くの非難が集まった。
*翌年に行われたメキシコ、カンクンでのCOP16では、再度、話し合いがもたれ、カンクン合意として公式に合意文書とされた。

2009年のコペンハーゲンでの会議では、会議終盤に到着したアメリカのオバマ大統領が直接交渉にあたるなど、それまでの会議とは異なった様相も見られた。従来、国際会議においては、官僚が細かい調整を行い、首脳陣は最終的な部分のみの参加がほとんどであるが、そのときはオバマが直接交渉にあたった。

アメリカの署名キャンペーンサイトであるAVAAZは以下のようにこの動きを評価している。
「コペンハーゲンでの合意やそれに向けたプロセスは不十分であるが、オバマ大統領を含めた各国首脳を交渉のテーブルにつかせた背景として、前年度に開催されたCOP14以降、世界各国で2億人以上の人々が街頭に出て、声を上げたこと。人々の声が首脳陣のプレッシャーになったことを忘れてはならない。」

特に、アメリカにおいては、2008年にオバマが大統領に選出されて以降、若者を中心に環境政策を求める声は高く、そうした若者を中心にした集会であるPowershiftでは数万人が集まり、署名を行えば30万以上が集まるという状況であった。また、オバマ及び民主党は、そうした人々に支持を受けており、2010年の中間選挙を前に、危機意識もあったと考えられる。

こうした動きを考える上で、忘れてはならないのが350.orgである。
気候変動に対する運動として、世界で最もポップで知られており、特に、世界中の若者が多く参加している活動である。

二酸化炭素の排出量を350ppmまで削減することを目的に活動しており、何よりも、映像とSNSなどニューメディアを駆使し、言語の障壁を超えて世界各国で活動が広がっている。

前述のCOP15を前にした活動でも、2009年10月24日をグローバル・アクションと指定をし、アクションを呼び掛けていた。

その結果、180以上の国と地域で5200ものイベントが開催された。各国のメディアにも大きく取り上げられ、世界各国の首脳にもプレッシャーとなった。


さて、そんな350.orgの共同創設者であり、国際キャンペーン・ディレクターであるWill Batesが日本にやってくる。
Willを招いて、世界における社会変革のグッドプラクティスを学び、私たちがどうやって世界を変えることができるのかを考えるソーシャル・チェンジ・ミートアップが開催される。
しかも、その主催団体は、これまでにノーベル平和賞を3度のノミネートを受けており、世界90か国以上で活動する国際協力NGO、オックスファム。

ソーシャル・チェンジ・ミートアップ-オックスファム×350.org-
http://oxfam.jp/2013/10/1117_350org.html

facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/227953844030818


開催は来週ということで、企画が楽しみだ!
[PR]
by smile-and-happy | 2013-11-03 12:45 | お知らせ

ここが問題!生活困窮者自立支援法(9/13)

(以下転送です)----------------------------------------------

***********************************
ここが問題!生活困窮者自立支援法
***********************************

安倍政権が秋の国会で成立を目指す「生活保護法改正法案」と「生活困窮者自立支
援法」。

このうち生活困窮者自立支援法は、新しいセーフティネットを作るための法律
でありながら、その目的とする「自立」は就労に特化し、多くの生活困窮者が排
除されるおそれを含んでいます。

新たな相談機関が、生活保護を必要とする人に対する「水際作戦」として機能
するのでは?
「就労訓練」の名の下に労働法の潜脱が横行し、労働市場全体が劣化するので
は?

両法案は、政府が推進する「社会保障削減」の流れの中で現われた、「いの
ち」の持続可能性を脅かす制度改悪とみることもできます。
私たちは、この法律の問題点を明らかにし、あるべき社会保障制度について提
起していきたいと考えています。

そもそも存在を知らなかった?
どんな法律なの? 何が問題なの?
新しい支援制度ができるのは良いことでは?

そういった方は、ぜひ、ご参加下さい!

【日時】9月13日(金)18:30~

【場所】 文京区民センター 2-A会議室
     http://linktraq.net/95i
      東京都文京区本郷4-15-14  電話 03(3814)6731
      三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、
      丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分
      南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、JR水道橋駅東口徒歩15分

【プログラム】
 1.基調講演 布川日佐史さん(法政大学教授)

 2.シンポジウム
   赤石千衣子さん(しんぐるまざあずふぉーらむ)
   稲葉剛さん(自立生活サポートセンター・もやい
     /住まいの貧困に取り組むネットワーク)
   河添誠さん(首都圏青年ユニオン青年非正規労働センター)
   竹信三恵子さん(和光大学教授・元朝日新聞記者)
   森川清さん(弁護士)
   コーディネーター:大西連(自立生活サポートセンター・もやい)

3.会場発言・質疑応答

司会:雨宮処凛さん(作家)・大西連

■参加無料(カンパ歓迎)/事前申込は不要■

【主催】「ここが問題!生活困窮者自立支援法」集会実行委員会
(問い合わせ)〒162-0814 東京都新宿区新小川町7-7アゼリアビル202号室
           もやい気付 担当:大西連 080-3253-0209
[PR]
by smile-and-happy | 2013-08-18 01:24 | お知らせ

【お知らせ】「子どもの貧困対策法」制定を!(5/18)


----------------------------------------------------------
■5月18日(土)市民集会・デモ行進にご参加ください
~「子どもの貧困対策法」制定を!~
----------------------------------------------------------

実効性のある「子どもの貧困対策法」が成立するか否か、今国会の会期末が迫る
なか、瀬戸際です。なぜ、いまこの法律が必要なのか。6人に1人の子どもが貧
困状態の日本。その割合は増え続け、放置しておけば、さらに悪化するでしょう。
親の所得格差が子どもの教育格差に直結し、進学や修学の継続が困難な子どもた
ちが急増。おとなになっても生活困難を余儀なくされる貧困の連鎖がすでにひろ
がっています。

貧困率の削減・貧困問題の解決・市民参加の政策づくりの実現に向けて、私たち
の声を届けましょう。

【時間】5月18日(土)午前11時~12時

【場所】代々木公園けやき並木 NHK東側広場
JR「原宿」・地下鉄「代々木公園」・「渋谷」下車徒歩約10分

【主催】「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク、あしなが育英会、遺児
と母親の全国大会実行委員会
http://end-childpoverty.jp/archives/1891
※参加申込み方法等、市民集会の内容はこちらからご確認頂けます。

【内容】
・当事者からの訴え
・主催者からの要望
・国会議員(各党代表)のご発言 など

集会終了後、渋谷・表参道・原宿をデモ行進します。解散は、代々木公園14時
予定です。

【お問い合わせ先】
「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク
電話 080-1158-3494
E-mail mail@end-childpoverty.jp
★参加をご希望の方は、事前にお申し込みください。件名に【市民集会申込み】
と明記のうえ、①お名前、②お立場・ご所属、をご記入ください。
当日参加も可能ですが、人数の把握の必要から事前申し込みにご協力をお願いし
ます。
★取材ご希望の方は、その旨と取材方法(写真撮影、テレビカメラ撮影など)を
お申し添えください。

----------------------------------------------------------
[PR]
by smile-and-happy | 2013-05-16 14:44 | お知らせ

ポストMDGsユース対象アンケート

ポストMDGsに関するユース対象の聞き取りをオックスファム・ジャパンが行っています。

(広報文)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
世界の開発目標作成に若者の声を届けよう!
ポストMDGs市民社会コンサルテーション(ユース対象アンケート)
http://oxfam.jp/2013/02/_mdgs.html
(締切 3月4日)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ミレニアム開発目標という言葉を知っていますか?
2015年を期限とした国際開発目標(MDGs)で、先進国と途上国が
約束し、その結果、2000年代前半には社会開発が進み、3000万人
以上の子どもが学校に行けるようになるなど大きな成果がありました。
政策として合意されれば、その影響は世界各地に大きく広がります。
2015年をむかえ、現在、2016年以降のポストMDGsの目標につい
ての話し合いが世界各地で行われています。

このポストMDGsでは、MDGs以上に、環境や人権、さらには先進国
における格差なども対象に入る可能性があります。
アフリカやアジア諸国では、このポストMDGsがまさに、若者に大きな
影響を与え、また自分たちが生きる未来にあたることだとして、複数の
ユースからの提案が国際社会に向け発表されています。

提案例
Africa Youth Declaration on post-2015 agenda
2012年11月18日から20日にかけてケニアにて、アフリカのユース
団体が集まりアフリカのユースの声としてまとめられる。
文書 http://goo.gl/DDXI0

Bali Global Youth Forum Declaration
2012年12月4日から6日にインドネシアのバリにて開催。ユース、企業、
NGO、そして、オフラインでの参加者があったそうです。
文書 http://goo.gl/Pt5iH

The World We Want-North-East Asia Youth Conference-
2013年1月7日からに9日にかけて、ソウルに日本、中国、モンゴル、
韓国からユースが51名集まりまとめたものです。
文書 http://goo.gl/zfhDP

日本では、NGOが関係団体の聞き取り役を担い、国連に届けられるこ
とになっています。その中で、オックスファムの提案により、3月4日を期
限としたユース対象のアンケートを行うことになりました。

ユース(若者・学生)、特に、国際協力や社会貢献活動にかかわるみなさ
んにとっては、このポストMDGsがみなさんの今後の活動に大きな影響を
与える可能性もあります。また、先進国も対象となった場合、私たちの生
活にも影響が現れる可能性があります。
なお、アフリカやアジアで出されたユース提案には、ユースが次世代を担う
存在として開発における意思決定への参加などの文言が含まれていました。

みなさまのご参加をお待ちしています。

オックスファム・ジャパン ポストMDGs市民社会コンサルテーション ユース対象アンケート
http://oxfam.jp/2013/02/_mdgs.html

(ここまで)
[PR]
by smile-and-happy | 2013-02-26 11:05 | お知らせ

EFAグローバルモニタリングレポートシンポジウム2012-若者とスキル-

1月14日にJICAにて、表記のシンポジウムが開催されます。
ユネスコが毎年発表しているグローバルモニタリングレポートは教育に関わる方ならば誰もが押さえておきたい資料の一つです。
今年のテーマは「若者とスキル」ですし、学生やユースのみなさんにはぜひ参加してもらいたいと思います。私も参加します。

More
[PR]
by smile-and-happy | 2013-01-09 15:48 | お知らせ

【キャンパスから世界を変える】国際協力リーダーシップ・プログラムCHANGE Initiative 2013参加者追加募集

オックスファムの行っている学生対象の国際協力リーダーシップ・プログラムの募集です。

(転送歓迎)
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【キャンパスから世界を変える】国際協力リーダーシップ・プログラム
       CHANGE Initiative 2013 参加者追加募集
[募集締切 12月18日(火)]
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
世界の貧困を終わらせる変化の担い手になるための国際協力リーダーシップ・プログラム、CHANGE Initiative 2013の参加者の追加募集を行います。

CHANGE Initiativeは、全国各地から「貧困のないより公正な社会」を実現をしたいという思いをもって集まる仲間とともに、日本各地のキャンパスから世界を変えるプログラムです。

世界94カ国で貧困の解決を目指して活動する国際協力NGOオックスファムが主催する世界的なプログラムで、日本のほかにも、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどでも開催されています。

参加者は3月に行うトレーニングイベントにて、構造理解、問題意識の深化、スキルトレーニングを受け、キャンパスで活動する際に必要なことを身につけ、4月からの1年間、オックスファムのサポートを受け、そして、仲間と協力しながら、キャンパスから世界を変えます。

既にCHANGE Initiative 2013には、全国から高校3年生(進学決定者)から学部生・大学院生まで多くの方々の参加が確定しています。また、前年度、前々年度の参加者も駆けつけ、成功事例やスキルを共有します。

日本国内外の仲間とともに、貧困や不公正の解決のために、活動をしてみませんか?

参考動画 アメリカのプログラム参加者からのメッセージ1
http://youtu.be/6hVs2udxKyM

参考動画 アメリカのプログラム参加者からのメッセージ2
http://youtu.be/TwcNztBsoDk

オックスファムは「貧困のないより公正な社会」の実現を目指して、現地、先進国、国際交渉と、多角的に取り組みを行っています。

みなさまのご応募お待ちしています。


【詳細】
■期間: 2013年4月‐2014年3月
オックスファム・ジャパンとともに、2013年4月から1年間、キャンパスや地域から貧困のないより公正な社会の実現のために、チェンジ・リーダーとして、活動するプログラムです。
*参加者は3月にトレーニングイベントがあります。

■定員: 若干名(選考有り)
■参加対象:以下の(a)(b)(c)の条件をみたしている方
(a) オックスファムの活動と理念に賛同している人。
(b) 専門学校、大学、大学院などに在籍する学生。(大学1年生優先)
(c) 研修後も、最低1年間、キャンパスにおいてオックスファムのキャンペーンを企画及び実施することができる人。
■参加費: 20,000円(トレーニングイベントでの宿泊・食事代金含む)
*遠方からの参加者には減額措置が適応されます。(詳しくはhttp://oxf.am/ogGをご覧ください。)

◆トレーニングイベント詳細
■日時: 2013年3月16日(土)-3月20日(水)
 *4泊5日の合宿形式で実施します。
■会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター (東京都渋谷区代々木神園町3番1号)
■アクセス: 小田急「参宮橋」駅から徒歩約6分、東京メトロ千代田線、「代々木公園」駅C02出口 徒歩10分
     (地図はhttp://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.htmlをご覧ください)
*トレーニングイベントへの参加は必須となります。

◆お申込:
申込み用紙(http://oxf.am/JF9からダウンロードできます。MS Wordファイル)に記入の上、オックスファム・ジャパンまでメールにて(youth@oxfam.jp)お申込ください。
その際に件名を「CHANGE Initiative」としてください。

■募集期間
2012年11月22日(木)-2012年12月18日(火)
■書類選考結果発表
2012年12月19日(水)
*書類選考の後、電話でのインタビューによる最終選考が行われます。
■主催: 特定非営利活動法人 オックスファム・ジャパン
CHANGE Initiativeについて、くわしくは以下のURLをご覧ください。
http://oxfam.jp/whatyoucan/cat368/change_initiative/
(ここまで)
[PR]
by smile-and-happy | 2012-12-13 07:13 | お知らせ


スズキのブログ(日本語)だよ。個人のブログです。英語版はリンクからたどってくださいね。

by smile-and-happy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Blog tools
カテゴリ
最新のコメント
そうですね。私もかつては..
by smile-and-happy at 17:17
>助け合う農耕村社会..
by みやた at 10:33
>私は、基本的には中道左..
by みやた at 10:33
>社会問題とは何か、そし..
by みやた at 10:28
よういちさん、ありがとう..
by ふくしま at 01:45
>わださん もともとの..
by smile-and-happy at 15:59
・日数もしくは人数が増え..
by わだ at 02:29
みやたさんのおかげで、安..
by smile-and-happy at 23:32
たまたま見たらでしたが、..
by みやた at 21:16
わせけんはみな元気に溢れ..
by smile-and-happy at 02:37
LINK♪
その他ブログなど
英語版ブログです。
Making the value in my own way

歌詞とかかつて書いてました。
My Heart, My Love

GREEなつかしい。
GREE

mixiですね。
mixi

(笑)
だってもぎがすきだもの♪
もぎこく的一言を綴ってます

その他リンク
学生時代に理事やってました。
Youth, Development & Peace Japan Network

会員やってますエコリーグ
Eco League

自分、カフェ(的空間)やってます。
Cafe de Global Cooperation

私が運営してる模擬国連のウェブサイト
model United Nations

□もぎこっかー
Alisa's Blog

Riona's Blog
Masataka's Blog
Taro's Blog
Miyata-san's Blog
Keisuke's Blog
Kyoju's Blog
Yukimin's Blog
細田さん♪のブログ
kyame's Blog
Rokky's Blog
Naoko's Blog
Kou-san's Blog
Nami-chan's Blog
Womatsu=san's Blog
Yoshi-san's Blog
Mari's Blog
Iwamocchi's Blog
Tossy's Blog
honorine's Blog

あーちすと
My Sister's Blog

にゅーす
Al Jazeera

UN Documents

Tokyo Foundation


記事ランキング