La Patata Dolce



オーストラリアにおける若者のフェアトレード活動

5月に休暇でオーストラリアに行って来ました。
オーストラリアでは、フェアトレード&エシカルショップであるオックスファム・ショップにいったり、仕事関係でオーストラリアに姉妹団体のスタッフにあったり、友達にあったりしました。
今回は、その中で、オーストラリアの若者によるフェアトレード活動をしている人々にあったので、その話を書きたいと思います。

◉Fairly Educated-Combining University Fair Trade Movements-
Fairly Educatedはオーストラリアの学生によるフェアトレード・ムーブメントの活動体で、オーストラリアやニュージーランドの若者を中心に組織されています。私がこの活動を知ったのは、2009年、ブリスベンで開催されたアジア太平洋模擬国連大会(AMUNC)に参加して、そこで出会った友人が中心的に行っている活動として、Facebookを通じて知りました。
私も、Facebookでは、社会正義に関して、よく発信をしていたので、その友人も気にかけていたらしく、Fairly Educatedのイベントをよく共有してくれました。

*今回、知った事なんですが、Fairly Educatedはこの友人が、今のパートナーと共に2009年に始めたとのこと。この夫婦は社会正義に熱心に取り組んでいて、1日2ドル以下で生活をする独自のキャンペーンをし、周囲に対する啓発活動を頻繁にしています。

◉活動はシドニー大学から
創始者であるビクトリアはシドニー大学の学生でした。彼女と現在のパートナーであるクリストファーとともにシドニー大学から始めたのが、Fairly Educatedでした。創始者の二人曰く、「2009年当時、シドニー大学にはフェアトレードを推進するクラブがなかった。まずは学生にフェアトレード活動を紹介するウェブを立ち上げたの」とのことでした。また設立当時、シドニー大学の学生組合がその事業をサポートしてくれたそうです。

◉4年間で7つのフェアトレード大学が誕生
同じく創設者のクリストファーが言うには、「Fairly Educatedを始めた3年前にオーストラリアにフェアトレード大学は一つもなかった。でも、2年前に2つの大学がフェアトレード大学になって、1年前にはその数は4大学に増えた。そして、今は7つの大学がフェアトレード大学になっている」とのこと。他にも要因はあるとは思いますが、彼らの始めたFairly Educatedがプラットフォームになり、オーストラリアの大学のフェアトレード運動を推進したことは間違いないように思います。

◉活動を広げるために
彼らは、この活動をより推進するために2011年にFairly Educatedの全国大会を開催しました。参加者を集めるため、オックスファム・クラブ(オックスファムの学生組織)、ヴィジョン・ジェネレーション(ワールド・ビジョンの学生組織)に声をかけたり、Facebookで呼びかけ、フェアトレード活動の推進がすべての参加者の共通理念であることを強調し、人を集めました。
その結果、全オーストラリアだけではなく、ニュージーランドからも参加者が集まったようです。
会議では、それぞれの大学のグッドプラクティスのシェアやネットワーキング、NGOからの講演を行ったとのことです。
*ビクトリアもクリストファーも模擬国連をしているメンバーだったので、(私との出会いも模擬国連でしたし、)そうした、個々のネットワークも使って、参加者を集めたようです。
*日本と異なり、オーストラリアでは学生活動間の分団は少なく、相互関連して活動が展開しているようでした。
また、Fairly Educatedではフェアトレードのお店が分かるiPhoneアプリの開発も行っており、様々な方法で発信をしていました。

◉でも悩みは一緒だったり
彼らと話をしていると、オーストラリアの若者はすごいなぁと思ってくるのですが、やはり、そこには悩みもあるはずだと、課題は何かあるか聞いてみました。日本では、学生による活動は様々あるが、創設世代がいなくなると、消えてしまう活動も多いことをあげ、どのように活動の継承をしようと考えているのかを聞きました。
すると彼らも、担い手の育成を一つの課題としてあげていました。Fairly Educatedの場合は、運良く若い世代も入ってきていますが、やはり活動や理念の継承が国を超えても課題なのですね。

また、2008年以降の世界的な不況は、国内優先論をオーストラリアでも起こしているようで、こうした社会環境とも戦っていかないといけないとも話していました。

◉日本との比較
ただ、外部環境に関しては、日本のフェアトレード活動との違いがありました。学生が行うべきことは、学生としての権利を用いて大学に対する申し入れを行い、学内のカフェにフェアトレードを導入するように求めるというものでした。
日本では、グループが主体となって販売を行うところが多いため、こうした社会を巻き込む活動が主流であるということは一つの特徴に感じます。(これが本来のフェアトレード運動の形だとは思いますが・・・)
また、オーストラリアにはフェアトレードを扱う会社が多くあり、さらに国民の3分の1がフェアトレードを認知しているとのことでした。
*彼らと話をしていて、日本のフェアトレードに関わる学生と比較して、彼らは「社会正義」という言葉を多用しているように感じました。私も社会正義という言葉を多用する方なので、こうした点が私たちのコミュニケーションを持続させているものなのかもしれません。

◉プラットフォームとして
Fairly Educatedのプラットフォームとしての役割を示すエピソードをクリストファーが紹介してくれました。第一回の会議を開催するまで、メルボルン大学では、フェアトレード活動が盛んではなかったのですが、第一回目の会議によって、活動が始まり、Fairly Educatedはその活動を支援(小額だが15ドルの資金援助をしたとのこと)、また、この動きをオックスファムとワールド・ビジョンもサポートし、最終的にメルボルン大学がフェアトレード大学になったとのことでした。

◉日本の活動を紹介すると・・・
2008年に日本のフェアトレード学生ネットワークがタリーズ・コーヒーに対して、世界フェアトレードデーにフェアトレードコーヒーを導入するように1000名の署名を集めて、1日限定で、フェアトレード導入を実現させた事例を紹介したところ、「1日限定というのは短いが、日本の学生もやるじゃないか!」と感嘆していました。

◉Fairly Educated Conference
なお、Fairly Educatedでは、7月に2回目となる全国会議をメルボルンにあるRMIT大学にて開催するそうです。日程は2012年7月27日から29日です。参加募集は6月25日までとのことです。

◉学生に人気のあるNGO
Fairly Educatedにメンバーに、社会活動をする学生に人気のあるNGOを聞いてきました。彼ら曰く、オックスファムワールド・ビジョン、そして、オークツリーが人気があるとのことです。
オックスファムとワールド・ビジョンは日本でも活動していますね。
そういえば、アメリカでは、オックスファム・アメリカのプログラム、CHANGE Initiativeの参加者がUSFT(United Students for Fair Trade)の設立に関わっていますし、英国のオックスファムは、フェアトレードを初期に始めた団体の一つでもあります。

*2011年より、日本でもCHANGE Initiativeは始まっています。

◉今でも・・・
ビクトリアとクリストファーは既に大学を卒業し、クリストファーは米国の大学院で学び、ビクトリアはそれに着いて米国に住んでいました。ただ、二人はその情熱が途切れることはなく、ウェブを利用して、Fairly Educatedの運営を続けました。また、米国のUSFTの会合にも参加し、そのネットワークの拡大に励んでいました。こうして、変化を求めて時間をかけてコミットしていく姿勢が、価値を生んでいるのだと思いました。
[PR]
by smile-and-happy | 2012-06-24 00:48 | コラム(その他)
<< 食糧に関する会議(模擬国連早稲... オーストラリアの学生によるプロ... >>


スズキのブログ(日本語)だよ。個人のブログです。英語版はリンクからたどってくださいね。

by smile-and-happy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Blog tools
カテゴリ
最新のコメント
そうですね。私もかつては..
by smile-and-happy at 17:17
>助け合う農耕村社会..
by みやた at 10:33
>私は、基本的には中道左..
by みやた at 10:33
>社会問題とは何か、そし..
by みやた at 10:28
よういちさん、ありがとう..
by ふくしま at 01:45
>わださん もともとの..
by smile-and-happy at 15:59
・日数もしくは人数が増え..
by わだ at 02:29
みやたさんのおかげで、安..
by smile-and-happy at 23:32
たまたま見たらでしたが、..
by みやた at 21:16
わせけんはみな元気に溢れ..
by smile-and-happy at 02:37
LINK♪
その他ブログなど
英語版ブログです。
Making the value in my own way

歌詞とかかつて書いてました。
My Heart, My Love

GREEなつかしい。
GREE

mixiですね。
mixi

(笑)
だってもぎがすきだもの♪
もぎこく的一言を綴ってます

その他リンク
学生時代に理事やってました。
Youth, Development & Peace Japan Network

会員やってますエコリーグ
Eco League

自分、カフェ(的空間)やってます。
Cafe de Global Cooperation

私が運営してる模擬国連のウェブサイト
model United Nations

□もぎこっかー
Alisa's Blog

Riona's Blog
Masataka's Blog
Taro's Blog
Miyata-san's Blog
Keisuke's Blog
Kyoju's Blog
Yukimin's Blog
細田さん♪のブログ
kyame's Blog
Rokky's Blog
Naoko's Blog
Kou-san's Blog
Nami-chan's Blog
Womatsu=san's Blog
Yoshi-san's Blog
Mari's Blog
Iwamocchi's Blog
Tossy's Blog
honorine's Blog

あーちすと
My Sister's Blog

にゅーす
Al Jazeera

UN Documents

Tokyo Foundation


記事ランキング